イベント情報の知恵袋「トレンドとイベント季節の探求」

語ってみた  2016年9月5日  Ritchy  591 views

意外と知らないの季節のイベントごとの詳細

いろんなイベントをメディアがプッシュしてきて、最近ではイースターまでも組み込もうなんて広告代理店が画策している節もあります。
まぁ、参加している側からすれば楽しければなんでも良いですし、実際にハロウィンの仮装イベントなどは結構定着をしていて、コスプレパーティから仮装合コン、ハロウィン限定の婚活パーティまで広がっていますよね。
他にも、ハロウィンを意識したかぼちゃのお菓子を限定商品として各社こぞって出しています。
面白いところで言えば、この時期になるとYOUTUBEの特殊メイクの仕方の閲覧数が伸びるのも、凝り性な日本人の性分なのかもしれないですね。

ですが、ハロウィン細かな情報ってどれぐらい知っているでしょうか?
「トリック・オア・トリート」とか、仮装した子供にお菓子をあげるとか、そういった表面上のことはわかるのですが、実際にどういうふうにお菓子をあげればいいのかとか、どういったものが良いのかなどは全く分からないです。
そもそも、ハロウィンってなんだろう?ってぐらい何も知らなかったりしますよね。
意外とノリに流されて参加している時って、「楽しそう」が先行して何も知らないまま参加していることが多いですよね?

きちんと参加する時になって初めて生まれる悩み

こういったイベント事に限らず冠婚葬祭などでもそうなのですが、誰かに引っ張られていわれるままに参加している場合は気楽なのですが、いざ自分が積極的に関与しないといけなくなると、知らないことが多くて四苦八苦することが多いです。

例に挙げたハロウィンだって、自分が楽しくイベントに参加している場合はいいのですが、町内会などのイベントで自分の子供を参加させてその対応をする親になった途端に、いろんなことを考え始めることになります。

そうなってから初めてあたふたしながら検索したりし始めると思うのですが、イベント事のノウハウやHow-Toがまとまっている情報サイトがあったら良いと思いませんか?
ありがちな、クリスマスのことはこっちのサイトで、ハロウィンはこっちで…イースターはここで、バレンタインはこっち…なんて、ブックマークが散乱し、しまいにはどこに何があるのかわからなくなる…。
そんな経験はいくらでもあるので、一つしっかりとしたところをブックマークして、必要な時にすぐに取り出せるようにするのが良いと思います。

例えば、イベント事に特化したものだと、「トレンドとイベント季節の探求」というサイトはどうでしょうか?
イベントの起こりから、イベントで発生するであろう様々な悩みについてまで、幅広い内容がまとめられていっていますので、まずは押さえておくファーストチョイスにぴったりだと思います。

イベントは会話のきっかけとしても優秀

イベントの話って合コンでもデートでも、もちろんビジネスの場でもかなり使える話題です。ポジティブな反応があったら、「こういう事もやっている」とか「こんな商品もある」なんて事で話が広がります。
ネガティブな反応の時には、それにのっかかって「○○なところが確かに嫌ですよねぇ」なんて共感をすることもできます。天気や最近の調子ばっかり聞く感じになっているぐらいだったら、季節ごとのイベントを営業に生かしてみてもいいのではないでしょうか?
営業が難しくても、合コンやデートの話題としては十分使えると思います。
また、記事を読んだらわかると思いますが、一つ一つの記事がしっかりと書かれていますので読みごたえもありますし、気取らずやわらかい文体なので暇な時間に読むのにぴったりだと思います。

情報過多社会だからこそ専門性が大事です

ニュースサイト、ニュースアプリ、2ちゃんねるのまとめサイト、キュレーションサイトなどなど、1次情報・2次情報にかかわらず情報は氾濫しています。その上に、そういった氾濫した情報をさらにまとめたサイトができるなど訳が分からない状態になっているといえるでしょう。
キュレーションサイトやニュースアプリなどは、暇なときにダラダラと眺めている分には良いのですが、実際に情報が必要になったときにはその膨大な情報量ゆえに、全く目的に沿った情報が出てこないという弱点があります。

だからこそ専門性のある情報源をしっかりと押さえておくことは大事だと思います。
季節ごとにあるイベント事やトレンドについては「トレンドとイベント季節の探求」をブックマークに入れておいて損はないでしょう。

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事