WordPressの移転ならお金を払っても良い話

語ってみた  2017年1月11日  Ritchy  232 views

ワンタッチでインストールが完了するWordpress

仕事でもプライベートでも、使い勝手の良いCMSとしてWordpressは欠かせない存在になっている。正直、あるかないかで仕事の効率ってかなり変わってくるはずです。
様々な機能が簡単に導入できるプラグイン、特に広告周りの管理や導線づくりなどには、本当にお世話になったし、プラグインをほとんど使わなくなった今でも、何か新しいことができないかな?なんていったら、Wordpressの情報を漁って調べてみることが多いです。

最近作っているメディアに関しても、Wordpressを使い、分岐と固定ページを駆使して、一つのサイトに二つのコンテンツを並立させようなんて、半分遊びみたいなことをやってたりもします。
慣れてくると検索結果に出すためのテキストなんかも思い通りにできるし、Schemaの設定もして、リッチスニペットを出すための設定も簡単。
ある程度思い通りにできるようになってきたら、Wordpressを自分でカスタマイズして、思い通りに使いこなすことに楽しさがありますよね。

昔はインストールにすら数時間かかっていたことを考えると、こうやってコンテンツを作成することができるのも、ワンタッチでWordpressがインストールできるようになっているからだと思います。
ちょっと前までは、CMSのインストールなんて何時間かかったか分からないぐらいだし、ちょっとした設定のミスで動かない事なんて何度もありましたので、本当に大変でした。

WordPressに慣れた今でもやりたくない事

テンプレートも作れるし、SEO対策も万全にできて、あとはAMP対応ぐらい勉強すればってところまでWordpressを使いこなしている今でも、やりたくないことが一つだけあります。それがWordpressの移転ですね。

外側のことでしたらなんでも作れますし、記事の作成もかなりの数を書いてきたので、得手不得手はありますが、まぁ嫌だとは思わないのですが、内部の事はさっぱり分からないので、サーバーの移転やらデータベースの移転が絡むことは完全にお手上げです。
また、動いているものを移動させるという事で、ロスをしない為にはDNSも浸透も含めて短時間での対応が必要になってきます。
慣れない人間がマニュアルやネットの情報片手に作業をするには、ちょっとリスクが大きいというのも躊躇する理由です。

そういった意味では、Wordpressの移行をやってくれるサービスがあればお願いしたいですし、仕事でそういう事態が発生したら素直にシステム系の人間に作業を依頼します。
そういった環境が無い方は、Wordpressの移行代行のサービスを使うことをぜひおすすめします。
時間短縮という意味もありますが、なかなか作業する機会が無いからこそ、確実にできるところに依頼したい所ですね。
それほど高い料金ではないので、作業内容を考えると有意義な費用の使い方ではないかと思います。

サイト引越し屋さん

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事