WEBコンテンツの仕事をしていてもポスターが欲しいときがある

語ってみた  2016年9月19日  Ritchy  350 views

認知度を上げるために紙の力が欲しい時がある

WEB系のコンテンツ業をしていると、どうしてもWEBの広告に意識が行きがちで、紙の媒体の事を忘れてしまうことがあります。
もちろん、単純な費用対効果の部分で考えたら圧倒的にWEBコンテンツにはWEB広告、特に最近ではソーシャルメディア系の広告が強いのですが、プロモーションで考えると十分ではないという風に感じることもあります。
どう頑張っても一部の人にしか広がらないですし、ライフスタイルなども限定されるでしょうから。

かといって、紙の代表的な媒体である雑誌になると、一転して費用対効果が合わなくなって、代理店に「なんとかならんか!」と詰め寄ったこと多数…正直、生半可な予算ではプロモーションにもなっていない可能性が高いなぁと感じています。

だいたいたどり着くのは草の根的なプロモーション

紙を使った媒体で思いつくのは、ティッシュやビラ配り的な地域限定のローカルなプロモーションなんですが、正直配布系は信頼できるところでないとダメだというのは、実体験としてよくわかっていて、ミニコミ誌もティッシュ配布などと同じでローカルな案件や実店舗、イベント事には強いけれど、WEBにはあまり強くないないのは分かります(ティッシュ配りのお手伝いをしたこともありますが、お店だったら来店してくれる人が結構いるみたいですね)。
最近はQRとかあるので以前とは状況が違うかもしれないけれど、どうでしょうかね?

ポスターとかショップカードとかになっちゃいますよね

安価でPRできる紙の媒体について考える場合、焼酎に唐揚げをつまみながら「この辺の居酒屋とかバーに広告置けないかなぁ?」って考えて、ポスターとかショップカード的なものを思い浮かべます。
洒落たバーのトイレとか、店内のテーブルとかに置かせてもらうのが定番ですよね。
実際にポスターのプリントっていくらぐらいするのか調べてみると、安くて納期が速そうだったのが、ポスター印刷 格安・激安の瞬速プリント A3,B3,A2,B2,A1,B1,A0,B0さんですね。

内容を見ていると、料金は追加となりますが翌営業日発送も可能なので、一週間程度見ておけばポスターの印刷も可能です。土曜日曜も営業しているそうなので他のサービスよりもスピード感は確実に違うと思います。
サイトに書かれている特急便を使っても、それほど料金が高くなるわけでもなく適切な料金だと思いますので、サイズもA3からB0のロングサイズまで対応していますので、いろんな用途に使えるのではないでしょうか?

どうせポスターを貼ってPRをするのならば…

こうやって印刷系のサービスは見つかるのですが、ポスターを貼ってプロモーションをするのでしたら、百貨店の従業員用食堂とか、大企業の社員食堂とかトイレに貼りたいですね。なかなか、そういうところに掲載はできないでしょうねぇ。
だいたい、案はでるのですが掲載場所の問題がクリアできずに頓挫しちゃうことが多いですね。
プロモーション用に掲載する場所が決まっているのでしたら、ポスターも良いのではないでしょうか?

また、プライベートで同人活動とか音楽とかやっている人にも気軽に使えるのでお勧めです。
あとは、発注先がいっぱいで困っているとか納期が…という場合にも、相談してみてはどうでしょうか?
扱っているロット数も少なくいけるので、小回りの利く使い方ができるかと思います。

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事