箪笥の奥に着物を眠らせる前に

調べてみた  2017年8月21日  Ritchy  98 views

箪笥の肥やしになりがちな着物

着物はいい加減な管理をしていくと悪くなっていくものですが、適切な管理をする方法は知らない事の方が多いはず。
昔の人はきちんとした保存方法を知っていたので、管理方法に困ったりもしないのでしょうが、それを受け継いだ今の人間は、詳しい方法を知らないままにそのまま保存をしてしまいます。

結果的に価値のある着物でも、知らずに悪くしてしまって価値が下げる事になりかねないです。
着物自体高いものですが、知識の無さから気が付いたら価値を下げてしまうというのは、すごくもったいないように思います。
そう考えると、保存状態が良い時に手放すというのも一つの選択肢ではないかと思います。

親や祖母から引き継いだ着物だった場合、手放すことに抵抗があるかもしれませんが、自分のせいで悪くしてしまう事があるのでしたら、それはそれで良くないように思います。

様々なリメイクの素材としても使われています

最近、着物をリメイクした商品や、一部に着物を使った商品などが注目されており、その材料として、着物の生地のニーズというのは高まっています。
そのため、着物自体の買い取りをしているお店も増えてきているように感じます。

インターネットで申し込んで、店舗などにもいかずに買い取ってもらえるような着物買取サービスというのも増えてきています。

利用者だけではなく、買い取りをする側も様々な手間を省いているため、高額な買い取りになる事例もあるのではないでしょうか?
手軽に査定してもらえるだけではなく、高額で買い取ってもらえるのでしたらインターネットの買取サービスを利用することに意味もあるのではないでしょうか?

正しく扱ってもらえる人の手に渡るのならば

価値のあるものですし、思い出のあるものでしたら、なかなか手放すのに抵抗があるかもしれません。ですが、自分たちに適切に管理できずに箪笥の肥やしになってしまうのでしたら、逆にもったいないのではないでしょうか?

適切な管理方法が分からずに着物をダメにしてしまうのでしたら、逆に正しく扱って残してもらえる人の手に渡るのも良いように思います。
売ってしまうというと、どうしても悪いイメージを持ちがちですが、きちんと使ってもらえる方に渡ると考えると、ポジティブに考えられるのではないでしょうか?

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事