新しい鍵に変えてみるのはどうでしょうか?

調べてみた  2017年7月18日  Ritchy  74 views

IoTによって鍵も近未来化していくのは想像できます

なんでもかんでもネットとつながる世界がやってきて、家の鍵もスマートフォンで開け閉めが出来るもの等も出てきています。指紋認証のデジタルロックなんていうのも普通に存在しています。
流石にそこまでなってくると、停電したら入れなくって怖いなんていうのもありますし、一時の計画停電みたいなのになった場合に大変なことにもなりかねません。

最先端の技術をいきなり導入するというのは難しいにしても、新しい鍵にどういったものがあって、どういたメリット・デメリットがあるのかを知っておくのは良いでしょう。

新しいものを知っておくと良い理由

たかだか家の鍵の事で新しいものを知っておく必要があるのか?と思う人もいることでしょう。
一般に生活をしていく中では役に立たない事かもしれませんが、特に持ち家の人は定期的には知っておいた方が良いと思います。
理由としては、古い鍵というのは空き巣などが使うピッキング技術に対して全く対応できずに、簡単に開けられてしまう可能性が高いのです。

また、ピッキング以外にも様々ある犯罪の手口に対応していないと、ピッキングは対策をして大丈夫だと安心していたところに、他の方法で簡単に鍵を開けられて空き巣や強盗に入られることになります。
防犯という事を考えた場合には、仮に数万円かかったとしても鍵を新しいものにするという事には大きな意味があるでしょう。

他にも、新しい技術を利用することで、これまで抱えていた問題の解決につながるものだって、今後出てくるかもしれません。
普通に考えたら、鍵の開け閉めのログで独居老人の生存を確認するなどというのは、技術として普及していてもおかしくないかと思います。

調べてみれば意外とリーズナブルな鍵交換

実際に鍵交換について調べてみれば分かるのですが、それほど金額が高いという感じはしません。
とりあえず防犯の効果を高めたいという分には、リーズナブルな鍵に交換をするのも良いでしょうし、補助鍵を付けることでさらに安心できる形にすることも可能です。

もちろん、様々な犯罪の手口がありますので、それに対応できるようにするには、きちんとしたものを選ぶべきですが、分からない場合は調べたり聞いてみるなどして、ベストな状態にしておくことがおすすめです。

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事