家を買うよりも売る方が分からない事だらけ!?

調べてみた  2017年2月13日  Ritchy  277 views

将来の事を考えると売ることも検討していて

分譲のマンションを購入したのは、ある程度の価格高騰も見込んで半分投資目的で購入したのもあって、状況によっては売却もの見越しての事と考えていました。
が…西梅田・十三連絡線ができないと、その見込みもないわけで…2012年で続報がない事もあり、なんか当初の目的は果たせそうにないなぁと思う今日この頃。

ただ、親が今田舎で住んでいる家をどうしようか…など、将来を考えると売却をするというのは検討したいところではあります。毎週のようにマンションを売ってくれというチラシが入っていたりするのですが、実際にそれを鵜吞みにして売ったらどうなるのか?など、分からない事もたくさんあります。

実際、売る段になったら業者の言うとおりに…なんてこともあり得るので、ある程度の情報を事前に知っておいた方が良いんかと思います。

「とにかく長い」というのが最初の印象

期間で見る、家の売却の流れ」の情報を見てもらったら分かるのですが。まぁ、インフォグラフィックスで作られていて見やすい…というのは置いといて家の売却までの流れがとにかく長い。

もっと早くに売却できるのではないかと思ったのですが、すぐに買うというマンションにチラシを入れてくるような業者は市場価格の2割~3割ぐらい安くなるそうなので、損をしないで売ろうと思ったら、きちんとした手順で売った方が良いようです。

何事も準備・段取りが大事ですね

きちんとした情報を仕入れていれば、それに合わせての対応もできるかと思います。
不動産の購入や売却は金額が大きい事だけに、しっかりと情報を仕入れておかないと結構な金額を損することは確実です。(損をするという意味では保険も結構な金額になるのですが)

また、困ったときに調べられる情報源があるというのは良いと思いますので、「期間で見る、家の売却の流れ」というサイトの情報もすごく良いと思います。
ここまで分かりやすく書かれていると、自分が今どういう状況にあって次は何をしないといけないのかが一目で分かりますし、次に備えられるという事はすごく大事な事のように思います。

何事も準備と段取りが大事ですが、その為の情報収集からまずは始めていきたいですね。

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事