引用元:http://www.havaianas.com.br

ハワイアナス(havaianas)

ブラジル文化  2016年2月11日  Ritchy  734 views

ハワイアナス(havaianas)とはいったいなに?

ハワイアナス(ブラジルではアヴァイアーナス)は、ブラジルらしい南国のイメージをそのまま取り込んだかのようなカラフルな色使いと、天然ゴムのしっかりとした素材で作られた、ブラジル生まれのサンダルです。
ハワイアナスという言葉は、当時金持ちが余暇を過ごしていたハワイのイメージからとられたもので、ポルトガル語で「ハワイアンたち」という意味になります。ハワイでの気軽で快適なスタイルを投影したビーチサンダルとしてイメージされて作られたのでしょう。

このハワイアナスは1962年にブラジルのサンパウロ・アルパルガタス・グループ(フットサルでおなじみのTOPPERなどのブランドを持つ南米を代表する総合スポーツ用品メーカー)によって作られ、その後なんと26億足以上を売り上げています。
ファベーラに住む貧しいブラジル人はハワイアナスの底が磨り減っても鼻のところが壊れても、手を入れて修復しずっとハワイアナス履き続けてきました。ブラジル人で知らない人が居ないほどにハワイアナスが愛されているのは、デザインや価格の手ごろさもそうですが、長く履いていられる履き心地と頑丈さにあるようです。
ハワイアナスがブラジル国内はもちろんのこと世界中の様々な人に愛され履き続けられている理由はそういったところからなのでしょう。

日本がハワイアナス(havaianas)に与えた影響

ハワイアナスと日本には密接な関係があります。もともとブラジルにはビーチサンダルのような履物はありませんでした。では、何にインスピレーションを得て生まれたのかというと、実は1908年以降日本からたくさんの移民がブラジルに渡った際に履いていた草履がベースになっています。

また、ハワイアナスが世界的に広まるきっかけとなったのが、アンジェラ・平田さんという日系の女性が輸出部長になったことで、彼女を中心にハワイアナスを世界的に広めていこくプロジェクトを進行させたことでした。

ハワイアナス(havaianas)とセレブの熱い関係

ジャック・ニコルソンが「オスカーは逃したけれども、世界で一番有名なビーチサンダルを手に入れることができたことが、今年一番名誉なことだった」と、レッドカーペットの上をハワイアナスを履いてインタビューに答えたという逸話に代表されるように、セレブや著名人の中でハワイアナスを愛用している方はたくさんいらっしゃいます。

それは、アカデミー賞のオスカーにノミネートされた方たち全員にビーチサンダルのスペシャルモデルをプレゼントすると言う、ハワイアナスの戦略が見事に当たったからでしょう。
また、オスカー期間中の週末、ロサンゼルスのフォーシーズンズ・ホテルで「限定のハワイアナス」を用意して世界中の有名なファッションリーダーたちにプレゼントをするなど、積極的にアピールを行っていました。
こういったプロモーションにより、ハル・ベリー、メル・ギブソン、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン、ローラ・レニー、ジェリー・セインフィールド、ジュリア・ロバーツ、リンジー・ローハン、ブリトニー・スピアーズ、キャメロン・ディアス、ヴィクトリア・ベッカム、マドンナ、スティング、など、名だたるセレブがハワイアナスを手にし、愛用することになったのです。

また、当時80万~200万円以上もする、宝石をちりばめた限定のハワイアナスが、ニューヨークの宝石店で販売されていたなど、様々な形でハワイアナスが目につくようにプロモーション活動が行われていたことがよく分かります。
その結果、ルイ・ヴィトンとのコラボによる2万5千円もするハワイアナスが日本でも発売され、すぐに完売するような人気となりました。

ハワイアナス(havaianas)を探す

この記事が参考になったらクリック&シェアをお願いします

おすすめの記事